PET検査によるがん検診

がんは放置しておくと死に至る可能性があるので非常に危険ですが、定期的に検査を行うことによってがんを未然に防ぐことができます。

最近は色々ながん検診の方法があって、中でもPET検査というがんの検査が最近の主流になりつつあります。



この、PET検査のメリットとしては、レントゲンではとらえることができなかったわずかながん細胞も見つけることができるようになったということが大きなメリットとして考えられます。
また、痛みがない、良性、悪性の区別がつく、がんの進行状態がわかる、転移の可能性について判別できる、衣服を着たまま簡単に行うことができるなどのメリットがあります。

痛みがないということについては、がん検診は定期的に受けることになるので、非常に大きなメリットです。



良性、悪性については、良性であればそれほど恐れる必要はなく、悪性であってもすぐに対処することができるので、これが判別できるということは非常に重要なことです。

転移の可能性については、今後の治療方針がすぐに判断できるという点で優れている点です。着衣を着たままできるというのは、特に女性にとっては負担なく行うことができるので、がん検診に容易に取り組みやすくなります。

このように、以前のがん検診よりもよりも、あらゆる面でメリットがある検査がPET検査であるということが言えます。



しかし、このPET検査はすべての医療機関で実施しているわけではないので、対象の医療機関を探す必要はあります。